So-net無料ブログ作成
検索選択
フィギュア/プラモデル ブログトップ
前の10件 | -

DX超合金魂コンバトラーV [フィギュア/プラモデル]

バンダイのロボットフィギュアの最高峰ーーDX超合金魂。
シリーズ第三弾コンバトラーVが発表されました。
5639b5b2b752a.jpg
バンダイ公式サイトより。2年前にバンダイのイベントでDX超合金魂バルキリーが参考出品されていたから第三弾はバルキリーだと思っていました。
かっこいいですね。非変形モデルを含めても私が見たことがあるバルキリーで一番好き。

公式動画。
マジンガーZ。2012年12月発売。36,750円。ジェットスクランダー別売り8,190円。

グレートマジンガー。2015年12月発売。53,784円。

コンバトラーV。2017年12月発売。59,940円。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

Formania EX サザビー発売決定。メインカメラが改良されています。 [フィギュア/プラモデル]

サザビーVer.ka.jpg
MG サザビー ver.ka。カトキさんらしい直線的なアレンジ。
サザビー.jpg
Formana サザビーとFIX FIGURATION ガンダム THE ORIGIN。
Formaniaはバイクのカウルやクラッシックカーを彷彿させるようなアレンジ。
こちらの方が出渕さんのテイストに近いかも。

PA100008.jpg
サザビー改修.jpg
メインカメラは小さくメタリックグリーンで塗ってあるだけ。縁の広さも精密感を損ねているように感じ、メインカメラを作り直しました。

sec03b_img01.jpg
メーカーサイトより。
Formania EXでは改良されているようです。緑の部分が大きく縁が狭い。シルバー塗装に上からクリアーグリーンのパーツを被せているっぽいです。
サザビー.jpg
メーカーサイトより。
ニューガンダム同様、光沢塗装とメタリック塗装で旧バージョンより派手になっているようです。
http://tamashii.jp/special/formania/ex_n_gundam/
公式サイト。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ガンダムの次はユニコーンガンダム [フィギュア/プラモデル]

今年の秋にお台場に1/1のユニコーンガンダムができるそうです。
20170305180336-18187.jpg
GUNDAM.infoより。
ガンダムの設定全長は18メートル。ユニコーンガンダムは21.7メートルと車1台分高い。

ユニコーンガンダムは江戸川乱歩賞作家の福井晴敏さんが書いた逆襲のシャアの続編小説にでてくる主役ロボット。デザインはカトキハジメさん。
ユニコーンモード.jpg
ユニコーンモード。
デストロイモード.jpg
デストロイモード。

ハイヒール.jpg
上がユニコーンモードでベタ足。下がデストロイモードでハイヒール。
イメージCGを見るとデストロイモードなのにベタ足になっているようにも見えますね。
それとも足の裏を地面につけるためサイドのガードを下ろしただけかな?
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

FORMANIA ニューガンダム [フィギュア/プラモデル]

formania1.jpg
formania2.jpg
formanipaccage.jpg
クリックすると大きな画像が開きます。
わたしのお気に入りのフィギュア。
今見てもかっこいいですね。
一部改修しています。
http://oya.blog.so-net.ne.jp/2010-03-18
ガンダム顔.jpg
他は口のスリットと頬のラインにスミ入れしました。

来年4月にFORMANIA EXとして改良版が発売されます。

size.jpg
MGガンダムVer.3.0とサイズ比較。
formania dakuto.jpg
Formania ニューガンダムで造形的不満点は胸のダクトに隙間がないことと肩のフックのパーティングラインの2点。パーティングラインはヤスリで削って塗装し直すことで満足のいく仕上がりになりましたが、ダクトはわたしのスキルではどうしようもないので諦めました。
今度のEXでは胸のダクトが新規パーツとなっていて板と板の間が貫通していて奥のディテールが再現されます。肩のフックは金属製に変更とのことですので多分、パーティングライン問題は解決しているでしょう。
sec04_img04.jpg
胸のダクト(FormaniaEX公式サイトより)
sec01_img02.jpg
sec01_img01.jpg
赤い部分が今回プラスチックから金属に変更になったところ(FormaniaEX公式サイトより)
http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1030830.html
インタビュー記事。
http://tamashii.jp/special/formania/ex_n_gundam/
公式サイト。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

千値練 ゲッター1 [フィギュア/プラモデル]

ゲッターロボ.jpg
千値練 ゲッター1。
かっこいいですね。
プロポーション的にはゲッターロボというより、鉄人28号。
わたしはスタイル的にはスラリとした永井豪/石川賢ロボよりぽっちゃり短足の横山光輝ロボの方が好きなので、逆にそこがツボ。

金属を多用していてずっしりと重いです。手に持った時の金属ならではのひんやりとした感触もここちいい。ほぼ全塗装で質感は非常に高いです。
靴の底部分。写真では影に見えると思いますが、より陰影を強調させ、重量感を演出するため濃い色になっています。こだわりを感じます。
顔は他にノーマルタイプもあります。
ゲッター顔.jpg
額はシルバー塗装+クリアグリーンのパーツ。
目も別パーツになっています。

膝関節のギミックはなかなか凝っています。


ゲッターロボ腰.jpg
全体としてはゲッター1の立体物の決定版といっていいほどのできだけど、気になるのが上半身と下半身で中心がずれていること。今度メーカーに問い合わせてみようと思います。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ブレードランナーのデザイナーがデザインした異色のガンダム [フィギュア/プラモデル]

SF映画の金字塔「ブレードランナー」のシド・ミードデザインの異色のガンダム。
ternx front.jpg
ternx back.jpg

「ターンAガンダム」富野由悠季監督作品。ストーリー的にはわたしはガンダムで一番好き。
作品より作中の富野監督による造語「黒歴史」の方が有名ですね。
知らない人も多いけど「黒歴史」というのはガンダム用語です。
メインデザインをシド・ミード氏が手がけています。
ターンAとターンXがあり、特にターンXは氏の作品集で4ページに渡り掲載されているので本人もお気に入りみたいです。

わたしが日本人が手がけたモビルスーツで一番好きなのは出淵裕氏がデザインしたケンプファー。
ケンプファー.jpg
出淵氏は特撮ヒーローのデザインも数多く手がけ、その一つがハリウッド映画「プレデター」の元ネタとなっています。ハリウッドのデザイナーも真似したことを認めています。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

バンダイ1/12スカウト・トルーパー&スピーダー・バイク [フィギュア/プラモデル]

我慢できずバンダイ1/12 スカウト・トルーパー&スピーダー・バイクのプラモデルを買ってしまった。

パーツa.jpg
色分けは靴裏まで及び、塗装しなくても見栄えするようになっています。
パーツb.jpg
造形重視らしくガンダムのプラモデルではありえないような細いパーツが多数あります。

front.jpg
back.jpg
スピーダーバイク.jpg
旧STAR WARS三部作のメカは今見てもしびれます。

2箇所ほど改修しています。
インテーク.jpg
穴を開ける。
股関節.jpg
股を削る。

スター・ウォーズ 1/12 スカウト・トルーパー & スピーダー・バイク

スター・ウォーズ 1/12 スカウト・トルーパー & スピーダー・バイク

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

S.H. フィギュアアーツ アイアンマン マーク43 [フィギュア/プラモデル]

決めポーズ.jpg
S.H. フィギュアアーツ アイアンマン マーク43。
なかなか出来がいいですね。ほぼ全塗装なので質感が高く飾っておけるレベル。
ちゃんと地面パンチの決めポーズがとれます。

kokansetu.jpg
可動域を確保するため股関節の隙間が大きいのが気になります。
軸の色が明るいためよけいに目立ちます。

tosou.jpg
ということでダークグレーで塗ることにしました。念のため汚さないようにマスキング。

改修後.jpg
ついでに口(?)に墨入れを施しました。目立たない所で試した所、エナメル系のシンナーでも微妙に塗膜が落ちるようです。

ironman1.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

MG νガンダムver.ka制作中。 [フィギュア/プラモデル]

P8220086.jpg
元ネタのイボルブ版νガンダムのように装甲の隙間から内部メカを見せたかったのでサイコフレームは使いませんでした。

気に入ったので別売りのLEDを注文。
届いてびっくり!836円もしたのにまさか電池が入っていないとわ。
早く目が光った姿が見たくて100円shopにそっこーで電池を買いに行きました。
ON/OFFの度に分解が必要ってどうなの?もう少し工夫が欲しいですね。

最初、LEDが点かなくてびっくりしました。
IMG_1320.jpg
裏蓋を押すと光る、もしくは明るくなる場合は2と4の金具を起こせば改善すると思います。

IMG_1333.jpg
IMG_1324.jpg

IMG_1350.jpg
正面から見て目の部分が窮屈に感じたので、フェイスパーツのクリアパーツの横部分も目の黒淵と同色(ジャーマングレー)で塗りました。
LEDのON/OFFが面倒なので手を加えます。
IMG_0032.jpg
削り過ぎると固定力が弱くなりすぎるので注意してください。。
目的はランドセルを引くだけで頭部ユニットごと外れるようにすることと、破損防止のため取り外しの際の負荷を軽減すること。
しっかり固定したい時は背中のカバーを着けます。

IMG_1337.jpg
間接の多さがわかるでしょうか?このサイズで各指に3つ間接があります。
しかもこれ、わたしが組み立てたのは手の甲側の白いパーツと武器保持用のツメだけ。
あとは組み上がった状態でランナーについていました。
融点の違う素材を使って、2回プレスして作っているのだと思います。
バンダイ脅威のメカニズム。
ガンプラだけは国内でしか作れないというのも納得。

白はタミヤのエアーモデルスプレーインシグニアホワイト、濃紺はMr.カラースプレーネービーブルーで塗装しました。

ガンダムトリビア。
ガンダムVer.kaというのはカトキハジメ氏が出淵裕氏デザインのガンダムNT-1から逆算してRX78-2をリデザインというかNT-1のディテールデザインをRX78-2に埋め込んだものです。
個人的にはVer.出淵という方がしっくりくるんだよなあ。だってデザインアイデアはほぼ出淵氏のものなんだもん。

MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Ka (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Ka (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

RIOBOTグレンラガン [フィギュア/プラモデル]

めちゃくちゃ出来がいいですね。
造形はとってもシャープ。シャープすぎて破損が心配。壽屋のアーマードコアのプラモデルレベル。
ほぼ全塗装で質感は高いです。
さらに光沢、つや消し、メタリックと表情に変化を持たせています。

コンセプトデザインはアニメ版で作画監督をされていた雨宮哲氏。
原型は変態可動のスペクリで有名な原型師ユニットのケミカルアタックという豪華な陣容。
IMG_0425.jpg
IMG_0473.jpg
IMG_0527.jpg
IMG_0504.jpg
IMG_0513.jpg
IMG_0442.jpg
IMG_0522.jpg
叫び顔。口の中の赤を少し暗く大きめに塗り直しました。

RIOBOTグレンラガンの魅力を動画でも紹介。

造形。もうねぇ、ホントかっこいいです。


頭と胴体側の眼が連動して動きます。


膝関節の超絶ギミック。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - フィギュア/プラモデル ブログトップ