So-net無料ブログ作成
検索選択

三浦半島 自転車半島宣言。 [自転車]

三浦半島map.jpg
エイドステーションは地元のコンビニや駅で無料で空気入れとパンク修理キットを貸してもらえるサービスです(一部例外あり)。
サイクルステーションは建物はなく基本的に自転車用ラック+公衆トイレ+自販機です。
境川.jpg
境川サイクリングロードの途中にあるサイクルステーション。
ラック.jpg
これが自転車用ラック。
ロードバイクはほとんどの人はスタンドを付けません。空気抵抗と重さが増えますから。
また一般的な前輪で自転車を立てるものはスポーク1本にすべての重さがかかりホイールの歪みにつながるからできれば使いたくない。
だから、こういう専用ラックがあるとすっごく嬉しいんです。

フェリー.jpg
なんと三浦半島と房総半島を繋ぐフェリーの中にまでラックがあります。

風車.jpg
宮川公園.jpg
こちらは三崎漁港の近くの宮川公園のサイクルステーション。
ラック、曲がっています。鉄棒と勘違いして遊んだ人がいるのでしょうか?
後ろに見えるオブジェがマイルストーンです。
三崎港の近くということでマグロと三浦大根がモチーフとなっています。
マイルストーンは全部で8箇所あるそうです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

トピーク Aero Wedge PackとWedge Pack2を比べてみました。 [自転車]

破損.jpg
永らく愛用していたAero Wedge Pack。穴が開いてきてしまいました。
サイド.jpg
上がAero Wedge Pack。下が今回購入したWedge Pack2。
ともにサイズはM。
荷物を後ろから詰めるか、上から詰めるかが一番の違い。
サイドにも反射テープがあります。
サイド2.jpg
拡張機能も開く方向が違います。

防水カバー.jpg
レインカバーが付属していました。

ベルト通し.jpg
ライト装着.jpg
テールランプをつけるためのベルト通しはAero~の滑りやすいナイロン製から滑りにくいゴム製に変わったので走行中、落ちる心配はまずありません。

自転車側につけるアタッチメントやレインカバーを除いた重さはAero Wedge Packが139g、Wedge Pack2が124gと少し軽いです。

中身.jpg
拡張していない状態でこのくらい入ります。
チューブはサドルバックの長さに合わせて巻き、薄めの梱包材にマスキングテープ(チューブ交換時にフレームの傷防止に使います)、チューブを傷めないようビニール袋に入れておきます。
パッキング1.jpg
一層目はチューブとCO2ボンベ。
パッキング.jpg
二層目はライトにタイヤレバー、携帯食。
三層目にダブルループ鍵を置けばパッキング完了。

Aero Wedge Packでは鍵を取り出す時に後ろから引き抜くためバッキングが崩れ、鍵をしまう時にパッキングをし直さないと入らないことも度々あり、面倒に感じていました。
Wedge Pack2は一番上の鍵を取り、しまう時も一番上に置くだけなのでパッキングが崩れる心配はありません。

TOPEAK(トピーク) Wedge Pack II ブラック

TOPEAK(トピーク) Wedge Pack II ブラック

  • 出版社/メーカー: TOPEAK(トピーク)
  • メディア: スポーツ用品


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

WiggleよりSchwabe-Oneが届きました。 [自転車]

イギリスの大手通販サイトWiggleに注文したのが月曜日。本日(土曜日)届きました。
一週間も経たずに到着。早いですね。

ヨーロッパメーカーのパーツは日本で買うより安いし、スタッフに日本人がいるのでトラブルが起きた時も日本語で対応してもらえるので助かります。

Schwalbe-One。
コンチネンタルのGrand Prix4000SⅡ、ミシュランのPower(PRO4の後継モデル)と並ぶ高性能タイヤ御三家の一つ。
クロスバイクで使うので乗心地と安全性重視で28cを選択。
Amazonでは正規品が1本6,719円。並行輸入品(販売元はAmazonではありません)が2本で9,400円。wiggleはというと現在レース用タイヤ絶賛セール中ということで3,156円。
このクラスのタイヤを3,000円そこそこで手に入れられてラッキーでした。
8,000円以上で送料無料となるので他にも欲しい小物を購入して送料無料にします。1万円程度なら関税はかかりません。
シュワルベワン.jpg
カタログ値は245g。
1本は248gとほぼ正確。もう一品は286gとカタログ値より17%重かったです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ミッシングリンク使用時のチェーンの洗浄法。 [自転車]

ミッシングリンク.jpg
これがミッシングリンク。
コネクトピンの代わりにチェーンを繋ぐパーツです。
メリットは取り外し可能なこと。

リムーバー.jpg
専用のリムーバーを使って外しちゃいます。

ビニール.jpg
厚めのビニール袋に少量の洗浄液と入れて、シャカシャカ振ったりもみ洗いをします。
クリーニング後.jpg
ピッカピカになりました。
汚れがひどい場合は、最初にキッチンペーパー等で軽く汚れをとってから洗浄すると効果的です。

KMC 7スピード用ミッシングリンク CL573R 2セット入 シルバー

KMC 7スピード用ミッシングリンク CL573R 2セット入 シルバー

  • 出版社/メーカー: KMC
  • メディア: スポーツ用品


7スピード用とありますがシマノ6~8速用ミッシングリンクです。
シマノに7速専用チェーンは存在しません。6~8速で使われているチェーンは同じものです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

江ノ島にサイクリング 富士山がきれいでした。 [自転車]

イラストの入稿が済み、空気も澄んでいたので江ノ島までサイクリングに行ってきました。
江ノ島.jpg
江ノ電.jpg
線路.jpg

江ノ電はいいところを走りますよね。
走行距離 75.77km
平均速度 21.1km/h
平均ケイデンス 79回転/分
最高速度  47.9km/h
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ブロンプトンの折りたたみ動画に驚愕。 [自転車]

プロンプトンというのはイギリスの折りたたみ自転車メーカー。
今でも外部にOEM(ほとんどのヨーロッパ自転車は台湾製)は出さず、職人による手作りにこだわっています。
重さの表記も他社が理論値(実際はもっと重い)であることがほとんどだけど、ここは実測値表記。
とにかく真面目なメーカー。
特徴は折りたたみが簡単、超コンパクト、頑丈。

ブロンプトンの折りたたみの凄さは噂では聞いていたけど、動画で見みてびっくりしました。
折りたたみに要した時間わずか10秒!初心者でも30秒もあれば折りたためるそうです。
また折りたたみ後の大きさは16インチの車輪とほぼ同じという驚異的な小ささ。
もはやリアル・トランスフォーマー。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ESCAPE R3 ホイールの玉押しを丁寧に調整。 [自転車]

ホイールの玉押しをベストに近いセッティングにするのは意外に難しい=人件費がかかる。
だから安いホイールほどろくに調整せずに出荷されます。言い換えれば伸びしろが高い。

安いホイールも高いホイールもベアリングの構造は同じ。重さや剛性感はどうしようもないけど、回転性能に関してはベストに近いセッティングができれば安いホイールでも驚くほどよく回るようになります。

この間グリスアップしたESCAPE R3のホイール。丁寧に玉押しの調整をし直しました。
タイヤとチューブは合わせて約700g。

軽く回します。静止まで1分44秒、38回転。


強く回します。2分27秒、100回転。


完成車の場合、同じ値段なら簡単に交換できるホイールよりフレームにお金をかけた方が喜ばれることもあり、30~40万円する自転車でもホイールは基本、安ものーーもとい練習グレード。高価な自転車も買ったままの状態では遅いのはそのため。

玉押し調整は多少のスキルと丁寧な作業は要求されるけど、あまりお金をかけず自転車の走行性能を上げることができます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

三ヶ島CT-LITE [自転車]

国内生産にこだわっていているメーカー。
http://www.mkspedal.com/?q=page/node/1
メーカーのこだわりが伝わってきます。
実際、回転性能は他社と一線を画します。
ちなみに競輪で使われるペダルはすべて三ヶ島製。
踏み面は67×92mm。リフレクター付きで実測値はカタログ値通りの343g。

実売価格2000円以下でこの回転性能。

MKS(三ヶ島) アイシーライト [IC-LITE] ペダル ブラック

MKS(三ヶ島) アイシーライト [IC-LITE] ペダル ブラック

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: スポーツ用品


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ホイールをリフレッシュ。 [自転車]

グリスアップ.jpg
ホイールを分解して、耳かきで玉をとり、きれいにして、新しいグリスでリフレッシュ。
玉当たりを丁寧に調整します。
さて、回転性能をチェック。

おお、よく回る。32cの重いタイヤ(600g)のおかげもあるけど完全静止まで1分!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

簡易的なフレ取り。 [自転車]

車輪を回してみるとブレーキと車輪の隙間が一箇所だけ1ミリ程度違うように感じたので結束バンドを使って簡易チェック。

やはり気になりますね〜。走行距離はまだ2000kmなので元からかな?この自転車で転倒したことないし。
フレの目安は普通の自転車が1.5mm、ロードバイクが0.5mmとされています。

本格的な道具は持っていないし、技術もないのでちゃんとしたフレ取りはできないけど、今回のように一箇所だけ変な場合はこういう道具だけでわたしでもそれなりにできます。
ニップル.jpg
わたしが使っているのは4点支持タイプ。一般的な2点支持タイプと比べると1点にかかる力が半分になりホイール(ニップル)にやさしいのが魅力。その代わりちょっと高い。
回す方向は例外はあるかもしれないけどリムテープを必要とするホイールは反時計回り、リムテープを必要としないホイールは時計回りで締まるようになっています。
フレ取り.jpg

パークツール(PARKTOOL)SW-40C・42C スポークレンチ【一般工具スポークレンチ】

パークツール(PARKTOOL)SW-40C・42C スポークレンチ【一般工具スポークレンチ】

  • 出版社/メーカー: パークツール(PARKTOOL)
  • メディア: その他


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート