So-net無料ブログ作成
検索選択

Dahonが7kgを切る折りたたみ自転車を発表。 [自転車]

dahon.jpg
Dahonの最新の折りたたみ自転車。
タイヤは14インチ。変速機能はなし。
カタログ値とはいえ6.97kg(ペダルとスタンドを除く)というのは驚異的。
ペダル、スタンド、ライト、テールランプ、サイクルコンピューター、ボトルゲージなどアクセサリーを付けても8kgくらいでしょうか?
サドルの固定方式が標準で2ボルト式というのも好感が持てます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シマノの入門グレードのクランクセットがかっこよくなりました [自転車]

altus old.jpg
これがわたしが使っている旧Altusのクランクセット。

new altus.jpg
こちらが新Altus。最新の上位モデルのようにクランクが4アーム、非対称デザインになり一気に高級感がアップしました。
旧タイプは44-32-22T。新タイプは40-30-22T。
旧タイプから交換する場合、FDも交換しないとダメかもしれませんね。

claris.jpg
こちらがホローテック2規格の8s用クランクセット。8s用でこのデザインはすごい。
3段変速やチェーンガードも用意されています。
コンポーネント.jpg
シマノは数年間かけてモデルチェンジします。
左がモデルチェンジ済み。残りの105とTiagraは来年あたりでしょうか?
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

多摩サイクリングロードでなく「たまリバー50キロ」 [自転車]

多摩川は東京都と神奈川県の県境にあります。
両側に川沿いの道があります。神奈川県側は頻繁に道が途切れ連続していないこともあり、多摩サイクリングロードというと主に東京都側を指します。

実は多摩サイクリングロードという名の道は存在しません。正式名称は「たまリバー50キロ」。
東京都は「ウォーキングやランニング、散策などが楽しめる約53kmの連続したコース」と規定しています。自転車は入っていません。あくまで「徐行」「歩行者優先」の条件で禁止されていない程度の立場なんです。

わたしは自転車愛好家ですが、自転車で走ることを正当化するために正式名称を使わずに「多摩サイクリングロード」と呼ぶようなことをやっていれば自転車乗りが嫌われるのも仕方ないかなー、と思います。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

三浦半島絶景スポット 湘南国際村 [自転車]

葉山御用邸の近くの山の上にあります。
湘南国際村地図.jpg
アプローチは二つ。
海側(赤線)高低差164m/平均斜度5.3%
内陸側(紫線)高低差147m/平均斜度5.8%

三浦半島一周コースで一番高低差が大きい坂で40~50m
ヤビツ峠 高低差661m/平均斜度5.6%
鎌倉の披露山公園 高低差78m/平均斜度6.1%
池尻大橋→渋谷間 高低差15m/平均斜度3%以下
池尻大橋の坂と比べると傾斜が2倍で高さが10倍ーーそういう坂です。

内陸側から登りました。
湘南国際村.jpg
きれいな道です。見通しもよいし、走っていて気持ちがいい。
斜度10%を超えるような急坂ゾーンはなく、イメージしていたより楽でした。
湘南国際村2.jpg
8箇所ある三浦半島マイルストーンの一つ。
私が登った日は曇っていて残念な感じでしたが絶景スポットとしてテレビで取り上げられることもあります。テレビ「路線バスで寄り道の旅」で徳光和夫さんも訪れていました。
かろじて江ノ島が見えます。

付近のもう一つの観光スポットが自転車が走れる長いトンネル(ピンク線)。
新沢トンネル.jpg
新沢トンネル入口。
長いトンネルだから車はかなり飛ばしています。無理せず歩道を走ることにしました。
めったに歩行者はいないけど、すれ違うときは自転車から降りるなどして道を譲りましょう。
湘南国際村からみて左側の歩道の方が倍くらい広くガードレールが設置されています。
新沢トンネル2.jpg
竜神トンネル.jpg
新沢トンネルを抜けるとすぐに竜神トンネルに入ります。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

鎌倉の絶景スポット 披露山公園 [自転車]

知る人ぞ知る鎌倉の絶景スポット。
海沿いの134号線でなく1本入った311号線から登っていくことになります。
小坪入口.jpg
小坪交差点。ここを右折します。披露山公園や有名人ご用達の高級住宅街、逗子マリーナの入口なのに看板はありません。地味です。初めて来たときは通り過ぎてしまいました。
横道から大通りに出るための車用の信号は自動的に青になりますが、大通りを反対側(横道側)に渡るための信号は押しボタン式で歩行者、自転車、スクーター(=2段階右折者)は一旦歩道に入りボタンを押す必要があります。いくら待っていても渡れないのでご注意を。

駐輪場はもちろん駐車場もあります。
披露山公園.jpg
披露山公園2.jpg
展望台や猿園、花壇がなぜ丸いかというと戦時中、砲台だったから。その名残り。
レストハウスは元々は指揮所だったそうです。
披露山公園4.jpg
披露山公園3.jpg
いわゆる空中庭園。見晴らしが良く気持ちいい。
富士山.jpg
江ノ島の後ろに富士山が見えます。

逗子マリーナ.jpg
ついでに逗子マリーナに寄り道しました。江ノ島、葉山間の中で一番セレブ感があるマリーナかも。

久里浜.jpg
134号線、久里浜付近。三浦半島は海沿いの道もいいけど山を抜けていく道もいいんですよ。

傾斜と高低差をいくつか紹介。

ヤビツ峠。平均斜度5.6%。高低差661m。

今回紹介した披露山公園。平均斜度6.1%。高低差78m。傾斜だけならヤビツ峠よりきつい。

箱根ターンパイク。平均斜度8.9%。高低差901m。わたしが登ったことがある坂の中では一番きつかったです。
車専用なのでレースなどイベント以外では自転車は入れません。

箱根駅伝5区の登りは平均斜度6.2%、高低差873m。
高尾山の登山口から頂上までの高低差は399m。
東京の246の池尻大橋、渋谷間の坂は平均斜度3%以下で高低差15mくらいです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

現在の私のサドルバックの中身 [自転車]

サドルバック.jpg
CO2ボンベ、チューブ、ダブルループ錠、折りたたみリュック。
これだけ全部入っています。

チューブとCO2ボンベは薄い緩衝材を巻いています。
緩衝材はパンクを修理するとき自転車の傷防止に使います。

この間ひさしぶりにパンクしました。CO2ボンベは本当に楽。
以前は携帯型ポンプを使っていたけど、もう戻れません。

TOPEAK(トピーク) Wedge Pack II ブラック

TOPEAK(トピーク) Wedge Pack II ブラック

  • 出版社/メーカー: TOPEAK(トピーク)
  • メディア: スポーツ用品



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

PWTハイトルク ホローテック2用レンチ [自転車]

長いからテコの原理的に大きな力(ハイトルク)が発生する、グリップが円筒形で力を込めても手が痛くなりにくいというのが特徴です。
姉妹製品にハイトルク ペダルレンチがあり、そちらも長くグリップが円筒形になっています。

BBやペダルは固着していることがありますし、外しやすさを重視にする人には最良のレンチの一つではないでしょうか?
レンチ.jpg
定番のパークツールのものと比較。
縁の幅はパークツールより細いけど厚みがあるので強度的な問題はなさそうです。
BB9000とBBR60用のアダプターが入っています。





PWT ハイトルク ペダルレンチ 【カラー:ブラック】 PW163

PWT ハイトルク ペダルレンチ 【カラー:ブラック】 PW163

  • 出版社/メーカー: PWT
  • メディア: その他


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

自転車のボトルゲージに入るリュック。 [自転車]

リュック.jpg
ダイソーで税抜き300円。
とにかく生地が薄い。容量的には多分12リットルくらい。耐荷重は7kg。しょぼいです。
なのになぜ買ったかというとーー
リュック収納.jpg
丸めるとボトルゲージに収納できるから。

もっと便利な使い方がないかと思いついたのがペットボトル入れ(保冷タイプ)。
リュック/ペットボトル.jpg
リュックを取り出したあともアイスクリームを買って帰りたいときに使えます。

リュック2.jpg
できるだけコンパクトに折りたたみたいので輪っかをカット。肩ひもも少しカットしました。切り口は熱で溶かしほつれないようにしてあります。
リュック+ペットボトル入れ(保冷タイプ)で88g。

縫製は甘く、何度か使っていると肩ひもの部分が解けてきました。薄いので普通の鍼で手縫で直しました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ESCAPE R3に泥よけを付ける。 [自転車]

r3.jpg
R3 後ろ.jpg
泥よけベロ.jpg
ステンレス棒.jpg
ステンレス棒は切断しなくても長さが調整できるようになっています。
付属のナットはナイロンナット。普通のものより緩みにくいのが特徴。
後輪の泥よけは短くなっていてフロント用変速機に干渉しない造り。

金属の棒を切ったり、FD用の穴を開けたりと面倒な工作は必要なし。
ただ自転車に固定するためのボルト類は付属していません。

ステンレス棒を固定するボルトはM5でボトルゲージと同じ規格。4本必要。
余っていたボトルゲージ用ボルトを流用しました。
ゴム.jpg
ステンレス棒は固定面に対し斜めになってしまうのでキズ防止と接触面を大きくするためゴム製ワッシャーを挟みました。

泥よけと自転車を固定するボルトは一般的なクロスバイクならM5、穴がキャリパーブレーキ用の場合はM6となります。
フェンダー前.jpg
前輪側。
M5 45mmのボルトとナイロンナットで固定しました。ボルトの長さはフロントフォークの形状によって異なります。

フェンダーリア.jpg
後輪側。ダボ穴なのでナットは不要。こちらもボトルゲージ用ボルトで固定。

○センターの出し方。
センター.jpg
左側のボルトを緩める(or右側のボルトを締める)と右に泥よけが動きます。
左に動かしたいときはそれぞれ逆回転。
ワイヤーの張り.jpg
ボルトを締めるほどステンレス棒が張って弧を描きます。センター出しと同時に左右の張り具合も同じくらいになるように調整します。

追加で購入したもの一覧。
M5 45mmボルト、M5ナイロンナット、M5ゴムワッシャー4個、M5ワッシャー8個
基本通り同一素材(ステンレス)でそろえました。全部で200~300円くらい。

緩み止めにボルトにグリスを塗りました。しばらく様子見。
緩むようであればロックタイト(ネジ用接着剤)を塗ろうと思います。



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

サイクリングの便利サイトーー富士山カメラ [自転車]

http://www.taiki.kankyo.metro.tokyo.jp/cgi-bin/bunpu1/p301.cgi?
都庁31階にある富士山カメラ。1時間ごとに更新されます。
サイクリングに行く前によくチェックします。
丹沢.jpg
丹沢山系と富士山。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート