So-net無料ブログ作成

自転車は直線もカーブを同じスピードで走れる乗り物。 [自転車]

締め切りに追われ、2ヶ月近くほぼ引きこもり状態で絵を描いています。
当然、サイクリングにも行けない→体重増(笑)

私が一番好きなのが下り坂の連続カーブ。

自転車はカーブを曲がるためにハンドルを切る(=前輪と後輪で角度を変える)必要はほとんどないし、タイヤをスリップ(ドリフト走行)させる必要もありません。車体を傾けるだけで曲がります。
前輪と後輪の角度がほぼ同じだから直線とほぼ同じスピードで走れます。

自転車はとても軽く空気抵抗が少ない。重さや空気抵抗の多くは人体。だから人体の姿勢を変えることでオートバイ以上にダイナミックな重心移動や空気抵抗を変えることが可能。高速で曲がる能力に限って言えば自転車は最強の乗り物の一つ。

リアタイヤ.jpg
わたしのリアタイヤ。側面の白い汚れ(Bゾーン)がわかるでしょうか?
カーブはこの辺りを使って走っています。
安価なタイヤや標準で付いているタイヤの中には側面走行を想定していない側面のグリップ力が低いものがあるので注意しましょう。

コーナリング傾き.jpg
車載カメラのキャプチャー画像。このくらい傾け走ります。
走りたくってうずうずしています。
21日に全てのイラストを描き上げる予定なので、そしたら早速、湘南国際村に走りに行こう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

わたしの愛車。 [自転車]

愛車.jpg
平地を重視→青い自転車(ロードバイク)
坂を重視→黄色い自転車(クロスバイク)

サイクリングのついでにスーパーなど買い物に寄りたい時もスタンドを付けている黄色い自転車。
風が強い日は青い自転車。

という感じで使い分けています。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

自転車 フロントキャリア ロープで荷物を固定 [自転車]

ロープはホームセンターで測り売りしています。
ざっくりいうと天然素材の方が柔らかく鞄にやさしい。人工素材の方が強度/耐久性に優れます。
ロープ1.jpg
2~30cm程度のところで折り返します。

ロープ2.jpg
輪に先端を通します。
ロープ3.jpg

ロープ4.jpg
長い方を巻いていきます。

ロープ5.jpg
適当に巻いて、最初のところに戻りロープを折りかえします(黄色)。

ロープ6.jpg
ピンクのロープをくるっと巻いてーー

ロープ7.jpg
黄色の輪っかにお尻を入れます。

ロープ8.jpg
黄色いロープの先端をぎゅっと引っ張ればかます結びの完成。

ピンクのロープを引っ張れば解けます。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

100円shopで買った自転車用ビジネスバック。 [自転車]

100円shopのカバンはしょぼい。けど自転車乗りにとってはそのしょぼさ(薄くて軽い)が魅力。
カバン比較.jpg
左側が一般的なサイズのビジネスバック(B4規格がギリギリ入る)。それと比べると少し小さいです。A4のクリアーファイルは入ります。
本来の用途は旅行用インナーバック。

カバン/中敷.jpg
カバンとして使うにはペラペラなのと吸振動性が欲しいのでダンボールに薄いクッション材を巻いて中敷を作りました。

重さは左側のカバンが784g。100円shopカバンが自作の中敷を含め90g。約700gの軽量化。

カバン2.jpg
カバン3.jpg
取っ手の幅がキャリアにぴったり。
走行中、紐がほどけたり切れても即座に荷物が落ちることはないので安心して走れます。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

Shimano Vブレーキ カートリッジ式 シュー交換 [自転車]

古いブレーキシューを外します。
ブレーキ交換1.jpg
ピンを抜いて、棒を少し押し込みます。
ブレーキ交換2.jpg
こういう構造になっていて、ブレーキシューが固着していても棒で少し押すことで固着を剥がすことができます。
ブレーキ交換3.jpg
あとはスライドさせブレーキシューを外しましょう。


新しいブレーキシューの取り付け。
ブレーキ交換4.jpg
まずはシューの裏のパーティングライン(型の合わせ目)や立体ロゴなど出っ張っている部分をヤスリやカッターで軽く削っておきます。そうしないときつくてはめるのが大変。
ブレーキ交換5.jpg
このくらいまで入れられれば、あとは裏返してゴムハンマーで叩いて最後まで入れます。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

Shimano Vブレーキ 型番の読み方 [自転車]

ブレーキシュー.jpg
M70CT4。

MはMシステム。ウェットな状況下でも高い制動力とコントロール性を発揮するブレーキシステムだそうです。

数字はブレーキシューの長さ。70は70mm。55だと55mm。65はなぜか60mm。

Cはカートリッジ。シューだけ取り替えればいいタイプで使います。

ブレーキをかけるとブレーキもすり減りますが、ホイール(リム)も削られていきます。
T4はリムへの攻撃性が少なくホイールが傷みにくい、長い下り坂をブレーキをかけながら下りてもフェード現象が起きにくい、雨の日でもそこそこブレーキが効くといいことづくし。その代わり普通のブレーキより100円ほど高いです。

シマノ ブレーキシューセット M70T4 BR-M530他適応 Y8BM9803A

シマノ ブレーキシューセット M70T4 BR-M530他適応 Y8BM9803A

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品


こちらがノーマルタイプで801円。




こちらはカートリッジ式用のもので591円。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

お台場にユニコーンガンダムを見に行きました。 [自転車]

ユニコーンガンダムは福井晴敏氏の小説「機動戦士ガンダムUC」に出てくるロボット。デザインはカトキハジメ氏。
gffユニコーン.jpg
GFFデストロイモード.jpg
ジムが変身してガンダムになるという熱い設定。
お台場ガンダムでも可能な限り変形を再現したとのこと。

お台場駐輪場.jpg
ガンダムのすぐ近くに駐輪場がいくつもあるので安心して自転車で遊びに行けます。

ユニコーンスケジュール.jpg
昼間は2時間に一度、夜は30分ごとに変身します。

ユニコーンモード.jpg
ユニコーンモード。
デストロイモード.jpg
デストロイモード。
ユニコーンガンダム背面.jpg
ディテール.jpg
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

三浦半島お気に入りの坂 湘南国際村と桜山中央公園 [自転車]

bianchi.jpg
湘南国際村までサイクリング。帰りは少し遠回りして桜山中央公園の坂を走りました。
湘南国際村.jpg
湘南国際村。山のてっぺんに住宅や企業の研修センター、ゴルフ場などあります。
きれいな場所なので、旅番組やドラマで使われることも。

湘南国際村の坂。デジカメをハンドルバーに付けて撮ったので振動がすごいです。
この振動(=打撃)にお尻は常にさらされているわけで、ロングライドで使うならサドルはクッション性以上に吸振動性(打撃の無力化)が大切になってきます。

交通量が少なく、路面もきれい。見晴らしが良く、適度なカーブが続きます。標高差161m。最後のトンネルを抜けると空気が澄んだ日は富士山が見えます。

逗子の桜山中央公園の坂。

こちらは木に囲まれた場所で湘南国際村とは違った趣きがあります。道は細めで急カーブが続きます。標高差70m。

サイドミラーで後ろから車が来ていないか確認しながら走っています。

map.jpg
上のピンクの矢印が今回撮影した桜山公園、下が湘南国際村の坂です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

コンチネンタル チューブ Race28 700c 25-32c [自転車]

コンチネンタル.jpg
コンチネンタル(ドイツ)のチューブRace28 700c 25-32c。
wiggleで送料無料にするため値段合わせで購入。1個357円也。
パッケージ同様、キャップも黄色いです。
ちなみにAmazonの現在の価格は並行輸入品が1個710円、正規品が1020円。

重さは実測値139g。パナレーサー(日本)のノーマルクラス26-31c用が125gですから少し厚く重いです。
ヨーロッパメーカー、例えばシュワルベやミシュランのチューブもパナレーサーの同等品と比べ重いです。今も石畳が多く残るためでしょうか?

それにしてもパナレーサーの26-31cって中途半場ですね。
一般的なタイヤの太さは25c→28c→32c。
25cや32cがメーカー保証外では使い勝手が悪い。せめて1mmずらして25-30c or 27-32cにすればいいのに。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

自転車用サイドミラー [自転車]

サイドミラー.jpg
クロスバイクで使っていて使用感がいいので、ロードバイクにも付けました。
ドロップハンドルだと位置的に見え具合に不安があったけど、バッチリ。真横の車以外は見えます。
視線移動が少なく、横幅もあまり変わらないのでクロスバイクより使い勝手はいいです。

定番のBUSCH&MULLER(ドイツ製)との比較。
鏡は同じくらい鮮明です。
直径はBUSCH&MULLERが60mm、CAT EYEが48mm。映る範囲は同じくらい。その分、像は小さくなります。ただ見たいものは車という大きなものなので実用上、差はないと言っていいでしょう。
膝がぶつかる心配が減る分、トータル的にはCAT EYEの方が使いやすいと思います。値段的にも約半額とお財布に優しいし。

キャットアイ(CAT EYE) バーエンドミラー

キャットアイ(CAT EYE) バーエンドミラー

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: スポーツ用品


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート