So-net無料ブログ作成
マンガ・アニメ ブログトップ

アルプスの少女ハイジの監督は高畑勲さんです。 [マンガ・アニメ]

http://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/スイスが製作、実写映画『ハイジ』-8月下旬日本公開/ar-BBBig3V#page=2
ハイジの映画が本場スイスで作られ、日本でも夏に公開されるそうです。
背景が本物のアルプスってだけでもワクワクします。
しかしアニメ版ハイジのファンとしては見過ごせない一文が。

宮崎駿氏が監督したテレビアニメ(最近では某社のテレビCMでもおなじみ)で広く知られている『アルプスの少女ハイジ』

ハイジの監督(演出)は高畑勲さんです。
キャラクターデザインは小田部洋一さん。宮崎駿さんが担当したのは場面設定。
オープニングアニメを担当した森やすじさんは現在ジブリ(宮崎さん)的と思われている絵柄の原型を作り上げた人。
マイエンフェルト.jpg
ハイジの舞台となったマイエンフェルト。
アニメの山はスイスアルプスのいいところを集めて作った架空のワンダーランドなので、実際に行ってみると少しがっかりするかも。普通のスイスの田舎町です。
子供がヤギを預かり、歩いて山頂に連れて行き、草を食べさせ、夕方には帰ってこれるわけですからそんなに険しい山であるわけがないですよね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「耳をすませば」の舞台になった街に行ってきました。 [マンガ・アニメ]

駅.jpg
映画「耳をすませば」の舞台になった街に行ってきました。
京王線の聖蹟桜ヶ丘駅。新宿から一本で行けます。
監督の近藤善文さんやプロデューサーの宮崎駿監督が若い頃、務めていた会社がここにあったらしいです。
駅前の交番の右横に案内板がありました。
看板.jpg
駅前.jpg
猫が渡った交差点。真直ぐ行きます。
いろは坂入り口.jpg
いろは坂入り口。ここをひたすら上っていきます。
映画の中で図書館があったとされる場所からの眺望。動画でも紹介。
眺望.jpg

もう少し行くと階段があります。雰囲気あるけど夜はこわそう…。
階段1.jpg
階段上.jpg
すぐ横に小さな神社があります。
ほこら.jpg

位置関係はこんな感じ。

ロータリー。

坂はそこそこ急で長いです。
正確かわからないけどYAHOO!ドライブによると高低差60m。
246の池尻大橋から渋谷の坂で10m。
http://drive.yahoo.co.jp/
こちらの「オリジナルルートを作る」で近所の坂の高低差を調べるとどのくらいのものかイメージがつかめると思います。
健康な成人男子や体育界系女子なら、整備さえしておけば変速機の付いたシティサイクルで十分「いける」と思います。
下りはけっこうスピードが出てしまうのでブレーキは念入りにチェックしてください。
ブレーキで減速しながら降りたけど、あとでスピード計をチェックしたら、時速40キロ近くでていました。けっこうこわいです。
下り坂.jpg
帰りは川崎街道を走りました。高低差は80m弱。傾斜はそれほどでもないので、スポーツバイクなら苦もなく上れるでしょう。
下りはカーブは少ないし、道幅も広く視界や路面状態も良好。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ
マンガ・アニメ ブログトップ