So-net無料ブログ作成
検索選択

獣医師はこの10年で1.26倍と大幅に増えている。 [雑感]

ヤギ.jpg
産経新聞の記事。
「公務員獣医師の不足」という本質からかけ離れた議論を展開していることに、同学部を誘致してきた愛媛県では畜産関係者らがいらだちを募らせている。
(中略)
県畜産研究センターで働く獣医師は、ブランド牛「愛媛あかね和牛」の品種改良や繁殖に向けた研究開発などを行っている。獣医師の数は、10年前は10人いたが、昨年からは4人になった。


わたしはこの主張もまた本質からかけ離れている気がします。
農林水産省のデーターを見ると獣医師はこの10年で1.26倍と大幅に増えています。
にもかかわらず10人が4人に減っているわけです。獣医師の総数の問題ではないでしょう。

獣医師会が新設に反対なのは総数として足りていて、問題は職域偏在と地域偏在であるという考えから。

その認識が間違っているというのであれば示すべきは「岩盤規制の突破」などという「情緒的な言葉」でなく「今後の需要予測」とその根拠となる「客観的なデーター」。

獣医師.jpg
平成25年に作られた他の先進国との比較表。
一番上の赤ラインは人口100万人あたりの獣医師の数。
下の赤ラインは獣医師一人当たり何頭の動物を診ているかという意味です。数字が少ないほど獣医師が多いということになります。
人口に対する獣医師の数は欧米並み、といっても獣医師が診るのは動物。
動物の数に対する獣医師の数は現状でも欧米よりかなり多い。
さらにペット、家畜とも減少傾向にあります。

職域偏在と地域偏在ーー場所や仕事の内容に魅力を感じず応募してくる人が少ない場合は、その土地や仕事内容の魅力を積極的に発信する。それでもダメなら付加価値を付ける、例えば給付金(=給料の上乗せ)などの政策が必要でしょう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。