So-net無料ブログ作成
検索選択

ESCAPE R3に泥よけを付ける。 [自転車]

r3.jpg
R3 後ろ.jpg
泥よけベロ.jpg
ステンレス棒.jpg
ステンレス棒は切断しなくても長さが調整できるようになっています。
付属のナットはナイロンナット。普通のものより緩みにくいのが特徴。
後輪の泥よけは短くなっていてフロント用変速機に干渉しない造り。

金属の棒を切ったり、FD用の穴を開けたりと面倒な工作は必要なし。
ただ自転車に固定するためのボルト類は付属していません。

ステンレス棒を固定するボルトはM5でボトルゲージと同じ規格。4本必要。
余っていたボトルゲージ用ボルトを流用しました。
ゴム.jpg
ステンレス棒は固定面に対し斜めになってしまうのでキズ防止と接触面を大きくするためゴム製ワッシャーを挟みました。

泥よけと自転車を固定するボルトは一般的なクロスバイクならM5、穴がキャリパーブレーキ用の場合はM6となります。
フェンダー前.jpg
前輪側。
M5 45mmのボルトとナイロンナットで固定しました。ボルトの長さはフロントフォークの形状によって異なります。

フェンダーリア.jpg
後輪側。ダボ穴なのでナットは不要。こちらもボトルゲージ用ボルトで固定。

○センターの出し方。
センター.jpg
左側のボルトを緩める(or右側のボルトを締める)と右に泥よけが動きます。
左に動かしたいときはそれぞれ逆回転。
ワイヤーの張り.jpg
ボルトを締めるほどステンレス棒が張って弧を描きます。センター出しと同時に左右の張り具合も同じくらいになるように調整します。

追加で購入したもの一覧。
M5 45mmボルト、M5ナイロンナット、M5ゴムワッシャー4個、M5ワッシャー8個
基本通り同一素材(ステンレス)でそろえました。全部で200~300円くらい。

緩み止めにボルトにグリスを塗りました。しばらく様子見。
緩むようであればロックタイト(ネジ用接着剤)を塗ろうと思います。



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

こけもも:

こういうパーツの取り付け自体は楽しいんですが、ブログに載せようと写真撮るのは意外と面倒なんですよね・・・。途中経過含めて載せている人とか良くやなるなーって感心してます。

by こけもも: (2017-03-30 19:40) 

おーや

わたしは取り付けるより、取り付け終わった後の試走と記念写真の方が好きですね〜。
初めて取り付けるパーツはセンター出しとかコツがわからない(説明書には書いていない)のでけっこう大変です。
今はカゴをつけるか思案中。
by おーや (2017-03-30 23:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。