So-net無料ブログ作成

都が保育士の待遇改善のため補助金を予算案に盛り込んだら千葉県からクレーム。 [雑感]

「保育園落ちた。日本死ね。」という匿名の書き込みに反応し国会前には大勢の人が押しかけた同時期、現場の保育士たちの待遇の改善を求める集会はほとんど注目を集めることはありませんでした。
わたしは保育園の数を増やすより、そこで働く人の待遇を改善することの方が急務だと思っています。

2017年度の都の予算案に保育士の待遇改善のため補助金が盛り込まれました。
待機児童問題の前にまずは職場環境の健全化というのは地味だけど、まっとうな政策だと思います。
これに千葉県からクレームがつけられました。
もっともな感じで言っているけど、要は近隣で保育士にまともな給料を払うところが現れると安く買い叩けなくなるから困るということ。

保育士は一人で何人もの小さな子供の世話をする大変で責任の重い仕事。
サービスを受けたければそれに見合った対価を払うのは当たり前のことです。

親から正当な代金を受け取るか、都のように補助金を出すか、低所得者のみ割引サービスをするかなど各自治体が自分たちで考え決めればいい。
保育士が犠牲になる必要はない。
行政が連携をとって(逆談合?)保育士の給料の低く押さえ込んできた従来の政策こそとんでもない話だと思います。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 2

こけもも:

そうそう、現場で頑張っている末端の人間が犠牲になるのはオカシイですわ。
by こけもも: (2017-03-14 20:44) 

おーや

話を聞くと現場は本当に大変なようです。
by おーや (2017-03-16 10:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。