So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ESCAPE R3にカゴを付ける [自転車]

愛車のESCAPE R3 2009年モデル。2008年の冬から乗っています。走行距離1万7000キロ。
ESCAPE R3.jpg
大きくて頑丈なカゴ、泥除け、スタンド、鍵、簡易チェーンガード、サイドミラーを装備。
完全にママチャリ(買い物車)ですね。
実測値で12.8kg。

カゴ.jpg
最初は単に荷台の上にカゴを載せていました。
荷台は赤ラインの金具だけで固定されています。想像つくだろうけど……

L時金具.jpg
あっさり破損。

金具2.jpg
バスケット用ブランケットを使って補強します。ママチャリ用ですがスポーツ自転車と同じ1.1/8規格のものもあります。赤丸の1mm程度の突起を削ればOK。突き出し長は125mm。
ステンレス製なので普通の金属用ヤスリで削れません。
100円shopでステンレス用ヤスリを買ってきました。が、文字通り1mmも削れず。もしや100円shopのいう「ステンレス」は「低品質ステンレス」の略なのか?
気を取り直し、ちゃんとしたヤスリを買って削りました。
金具.jpg
これで安心して重い荷物が入れられます。

バスケットステー.jpg
カゴをつけるには荷台が必要だと思っていましたが、上で紹介した金具とバスケットステー/ダボ用で大丈夫です。長さは390mm。荷台より100~200g軽くできます。

チェーンガード.jpg
チャーンガード。フロント側にも変速機能があるのでママチャリほど完璧には覆われていないけど、あるとないでは大違い。
nice!(3)  コメント(0) 

アルプスの少女ハイジの監督 高畑勲さん死去。 [マンガ・アニメ]

高畑勲さんはテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」の監督です。
当時のテレビアニメの慣習として監督でなく演出と表記されますが、演出がトップでその上に監督がいるわけではありません。

シン・ゴジラは逆パターンで監督は樋口真嗣さんですが、その上に総監督の庵野秀明さんがいます。

勘違いしている人もいますが宮崎駿さんは「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン(第15話まで)」では場面設定を担当しただけ。あくまでスタッフの一人。

わたしが高畑作品で一番好きなのはなんといっても「赤毛のアン」。宮崎作品のような派手なイベントはないけれど、キャラクターの成長や老いをきちんと描いていて心にしみます。

赤毛のアン Blu-ray メモリアルボックス

赤毛のアン Blu-ray メモリアルボックス

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



nice!(3)  コメント(0) 

川辺の桜。鶴見川&境川。 [旅行]

神奈川県の鶴見川。
鶴見川1.jpg
ららぽーと横浜(最寄駅は鴨居)から新横浜方面へ約1kmの区間。景色のいいところでドラマのロケで使わることも度々。
空気が澄んだ日はちょうど上流方向に富士山が見えます。

同じく神奈川県の境川。
境川.jpg
湘南台あたり。100メートル程度と短いけど、枝が道に覆いかぶさるように伸びていて桜のアーケードのような雰囲気があります。

鶴見川と境川の桜を1日で自転車で見て回るなら、オススメの道は環状4号〜海軍道路。
十日市場.jpg
十日市場あたりはお店も並びにぎやかです。
環状4.jpg
空気が澄んだ日は丹沢山系や富士山が見えます。

さらにすすむと海軍通りという名前に変わり、桜のアーケードが現れます。
海軍道路.jpg
あとは適当なところで右折すれば境川にでます。
nice!(4)  コメント(2) 

かき揚げリングを買いました。 [料理]

最近、かき揚げにはまっていて、かき揚げリングを買いました。
かき揚げリング.jpg
衣少なめでもばらけずにまとまってくれます。
nice!(2)  コメント(0) 

ドラマ「アンナチュラル」第9話ロケ地は湘南国際村。 [映画/ドラマ]

回想の中で中堂さんが恋人から逆プロポーズされた丘。
あの印象的なシーンは三浦半島の湘南国際村センターで撮影されました。
湘南国際村.jpg
湘南国際村はこんな雰囲気の場所です。
湘南国際村センターさらにこの上の山のてっぺんにあります。
湘南国際村.jpg
クリックすると大きな画像が開きます。
見晴らしがよく相模湾を一望できます。中央に見えているのが富士山。

二人の後ろにチラッと見えるヤカンのような変なオブジェの正体はこれ。ツツジです。
ツツジ.jpg
二人が座っていたのは赤い矢印のあたり。
ロケ地/ロング.jpg
第5話の青森の漁港とされた場所との位置関係。

湘南国際村と三崎漁港は直通バスはありませんが路線バスを乗り継げば行けるので1日で両方を見ることもできます。
nice!(2)  コメント(0) 

MG Ex-Sガンダム ver.フルスクラッチモデル [フィギュア/プラモデル]

写真はバンダイ公式サイトより。

今月バンダイからMGディープストライカーが発売されます。
デザインはお台場のユニコーンガンダムと同じカトキハジメさん。
document02_01.jpg
15年前に発売されたMG Sガンダムの上半身が流用されています。

さすがにそのままでは古いので顔は新規造形、胸がディテールアップ、肩にスライドギミックが追加されています。
Ex-sガンダム2.jpg
上半身.jpg

興味深いのが顔の造形。右側が新規造形された顔。
document02_03.jpg
robot魂.jpg
当時のイラストともカトキさんが自ら手がけたMETAL ROBOT魂 Ka signeture Ex-Sガンダムともあまり似ていません。むしろ15年前のMG Sガンダムの方が当時のイラストやKa signetureに近いくらい。

で、この顔がどこから来たかというとここ。Sガンダム フルスクラッチモデル。
センチネル.jpg
ディープストライカー顔.jpg
ほぼ同じアングルで撮影されたMGディープストライカー。そっくりです。
もう一つの特徴が胸部装甲に穴が空いていてメカパーツが見えていること。カトキさんのデザイン、Ka signeture Ex-Sガンダムにもないディテール。これもフルスクラッチモデルから来ています。

ディープストライカーのSガンダム上半身とMG Ex-Sガンダムを組み合わせたもの。
Ex-sガンダム.jpg
バンダイ曰くーー最小限のパーツ追加によって15年の古さを感じさせない形で進化させたまさに「MG Sガンダム Ver.1.5」とも言えるイメージだ。

イメージだーーじゃなくて本当に発売して欲しい。
デザイン画やイラストでなくフルスクラッチモデルに衝撃を受けた人間なので今回の
Ver.KaでなくVer.フルスクラッチモデルともいうべきアレンジはとても惹かれます。
下半身や内部フレームもアップデートしてVer.2.0だったら最高。
nice!(4)  コメント(0) 

ドラマ「アンナチュラル」第5話ロケ地。 [映画/ドラマ]

劇中で青森の漁港とされた場所は三浦半島の三崎漁港。橋は城ヶ島大橋です。
城ヶ島大橋越しにうっすら見えていた山は多分、富士山。
劇中で使われた地図も三崎漁港〜城ヶ島のものをベースに電車等が書き加えられていました。
実際はこの辺りは電車は通っていません。三崎口からバスを使うことになります。
公共交通機関で行くなら「みさきまぐろきっぷ」がオススメ。
http://www.keikyu.co.jp/information/otoku/otoku_maguro/index.html
城ヶ島.jpg
普通、三崎観光は城ヶ島大橋の西側ですが、ドラマのロケ地は主に東側で赤丸付近。
松雪泰子さん、芦田愛菜さん主演のドラマ「mother」最終回で二人の別れの地/劇中で北海道とされた場所(宮川公園、岩堂山/水色)も近くです。
岩堂山.jpg
岩堂山から海側を見るとこんな風景が広がっています。
城ヶ島はもちろん、その先には大島や千葉県の房総半島も見えます。北海道設定でここが使われるのも納得。
城ヶ島大橋全景.jpg
城ヶ島大橋。
城ヶ島大橋 橋の上.jpg
橋の上。この辺りで最も高い位置にある建造物の一つで見晴らしも良く展望台みたいな場所です。

ロケ地.jpg
城ヶ島大橋から撮影したロケ地周辺。

宮川公園.jpg
こちらは城ヶ島公園から撮った写真。
今回のアンナチュラルのロケ地は赤い矢印方向100~200メートル先です。

普段、走っている場所がテレビに映るとテンション上がりますね〜。
nice!(4)  コメント(0) 

転倒してわかったcat eyeのサイドミラーの素材。 [自転車]

サイドミラー2.jpg
落車した時にミラー部が取れ、さらに土台部分が削れて素材が明らかに。金属製だったんですね。

BUSH&MULLERはハンドルバーにつける土台部分がプラスチック製で風で倒れた際にぽきっと折れてしまいました。CAT EYE製もプラスチック製だと勝手に思いこんでいました。

サイドミラー.jpg
取れたミラーをはめて復活!
はめる時は鏡面でなく穴に対して正確に垂直に力を入れましょう。角度が正しければゴムハンマーを使わなくてもカポッとはまります。

キャットアイ(CAT EYE) バーエンドミラー

キャットアイ(CAT EYE) バーエンドミラー

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: スポーツ用品



nice!(3)  コメント(0) 

自転車は直線もカーブを同じスピードで走れる乗り物。 [自転車]

締め切りに追われ、2ヶ月近くほぼ引きこもり状態で絵を描いています。
当然、サイクリングにも行けない→体重増(笑)

私が一番好きなのが下り坂の連続カーブ。

自転車はカーブを曲がるためにハンドルを切る(=前輪と後輪で角度を変える)必要はほとんどないし、タイヤをスリップ(ドリフト走行)させる必要もありません。車体を傾けるだけで曲がります。
前輪と後輪の角度がほぼ同じだから直線とほぼ同じスピードで走れます。

自転車はとても軽く空気抵抗が少ない。重さや空気抵抗の多くは人体。だから人体の姿勢を変えることでオートバイ以上にダイナミックな重心移動や空気抵抗を変えることが可能。高速で曲がる能力に限って言えば自転車は最強の乗り物の一つ。

リアタイヤ.jpg
わたしのリアタイヤ。側面の白い汚れ(Bゾーン)がわかるでしょうか?
カーブはこの辺りを使って走っています。
安価なタイヤや標準で付いているタイヤの中には側面走行を想定していない側面のグリップ力が低いものがあるので注意しましょう。

コーナリング傾き.jpg
車載カメラのキャプチャー画像。このくらい傾け走ります。
走りたくってうずうずしています。
21日に全てのイラストを描き上げる予定なので、そしたら早速、湘南国際村に走りに行こう。
nice!(3)  コメント(0) 

わたしの愛車。 [自転車]

愛車.jpg
平地を重視→青い自転車(ロードバイク)
坂を重視→黄色い自転車(クロスバイク)

サイクリングのついでにスーパーなど買い物に寄りたい時もスタンドを付けている黄色い自転車。
風が強い日は青い自転車。

という感じで使い分けています。
nice!(8)  コメント(2) 
前の10件 | -